【デニム生地の洗い方】洗う時のポイントやコツなど解説!

デニム生地の服、みなさん一着は持っているのでは?

 

デニム生地は色落ちもするし、形も崩れやすいイメージ…

 

どのように洗えば、よい状態のデニムを保つことができるのでしょうか。

 

今回はデニム生地の洗い方について解説していきます!

 

 

【デニム生地を洗う前に…】

 

デニム生地、洗うペースやタイミングは人それぞれだと思います。

 

“毎回洗う”という人から“まったく洗わない”という人まで…

 

結論から言いますと、“適度に”洗っていただくのがベストです。

(※夏場は2週間に一度、冬場は月に一度程度)

 

洗濯をすることで傷みやすくなったり、色落ちしやすくなったりと心配になる方もいるかもしれません。

 

しかし、洗濯しないで過ごすことも、生地を傷める原因となります。

汗や皮脂がつくことによって雑菌が繁殖し、生地が弱まり、状態が悪くなってしまいます。

また、繊維も伸びてしまい、劣化を早めます。

 

適度に洗濯をすることで、雑菌を洗い流し、繊維を元に戻すことが可能になります。

 

 

正しい知識で洗濯をし、デニムを楽しみましょう!

 

 

【デニム生地を洗う時のポイント】

ポイント

  • 裏返して洗濯をする
  • 洗濯ネットに入れる
  • 中性洗剤を使用する
  • ボタン等閉じておく
  • 水を使用する

 

 

裏返して洗濯をする

色落ちや色うつり防止のために必須です。

 

デニム生地はどうしても色落ちしてしまうので、他の洗濯物を守るためにも大切なステップです。

 

洗濯ネットに入れる

洗濯中、他の洗濯物との擦れが色落ちの原因になることも。ネットに入れて防止しましょう。

 

ネットに入れるときには、たたんでいれても、そのまま入れても構いません。

たたんで入れた方がきれいな形での洗濯とはなりますが、汚れが落ちにくい部分が出てしまうため、洗い上がりのムラが気になる場合はあえてそのままというのも選択肢のひとつです。

 

中性の洗剤を使用する

アルカリ性の洗剤は洗浄力が高いので、色落ちしやすくなります。

蛍光剤・漂白剤の配合されていない中性洗剤やおしゃれ着洗い用を使うのがよいでしょう。

 

ボタン等閉じておく

開いたままの状態で洗うと、型崩れしたり、金具の部分が擦れて部分的な色落ちにつながったりすることもあるため、閉じて洗いましょう。

 

水を使用する

お湯を使用すると色落ちを早めてしまいます。

 

【デニム生地を洗濯機で洗う】

 

上記で述べたポイントは意識してくださいね。

 

また、他の洗濯物と洗う時は色移りの可能性もあるため、余裕があるときは単体で洗うことがおすすめです。

 

洗いやすすぎの時間設定は短めに設定を。

 

目立つ汚れが気になる場合には、その部分に洗剤の原液を塗ります。

 

【デニム生地を手洗いする】

 

まず、デニム地が十分浸かるくらいの水(お湯は色落ちしやすくなるのでNG)に中性洗剤を溶かします。

 

そこにデニム地を10分程浸け置き、水を浸透させます。

 

その後、水の入れ替えを繰り返し、洗剤の泡が無くなるまですすぎます。

押し洗い(優しく両手で押す→持ち上げる)で丁寧に洗います。このときに、デニム地がこすれてしまうと色落ちの原因となりますのでご注意ください。

 

そして洗濯機で1~2分程度脱水をかけます。

 

【デニム生地の干し方】

 

乾燥機の使用は縮みの原因になり、生地を傷めることになるので使用は避けてください。

 

脱水終了後、まずシワを伸ばします。手で叩いてとれる程度で大丈夫です。

 

干すときは直射日光を避け、陰干しまたは室内干し

日光に当たることで、色あせの原因になってしまうことがあります。

 

また、デニムは生地が厚く、乾きにくい素材ですので、干し方にもコツがあります。

 

ジーンズの場合は、空気が入るように筒状に干すことで乾きやすくなります。

 

ジャケットの場合は、肩幅にあったハンガーを使用することで空気も入りやすくなり、また、型崩れも防止できます。

 

厚みのあるハンガーをお持ちでない方はタオルを巻くことで厚みを出すことが可能です。

 

【デニム生地の色落ちしにくい洗濯の裏技】

酢と塩に浸ける

これは「アルカリ性の洗剤しか家にない!」というときにぜひ試していただきたい方法です。

 

デニム生地の服が十分に浸かるくらいの水に、酢(大さじ1)と塩(大さじ1)を加えて混ぜます

そこにデニム生地の服を30分~1時間浸け置き、洗濯をします。

 

アルカリ性の洗剤に酸性である酢を加えることで中和されます。

デニムの染料は油分であるインディゴ染料。アルカリ性は油分を落ちやすくする成分ですので、中和されることで油分を落ちにくくします。

 

塩は、含まれている塩化ナトリウムという成分が繊維に染料を定着させる効果があります。

 

”酢で中和し、塩で定着させる”というこの技は簡単に試すことができるため、ぜひ試してみていただきたいです。

 

【デニム生地と柔軟剤】

デニム生地と柔軟剤はなかなかおもしろい反応を見せてくれます。

 

デニム生地は凸凹のできやすい素材です。

 

この凹凸が色落ちデニム愛好家の間ではポイントとなってくるのですが、硬さを感じる部分にもなってきます。

 

柔軟剤不使用

生地の凹凸がそのまま残るので、色が落ちる部分と残る部分のコントラストがいい味を出します

 

柔軟剤使用

生地の凹凸がなめらかになり、硬さはゆるやかになり、履き心地がよくなります

色は全体的に落ちていきます。

 

お好みに合わせてご使用ください。

 

【もっと丁寧に洗いたい】

 

デニム生地の服ってピンキリで値段もさまざま…。

少し奮発したデニム生地は長く着たいですよね。

 

そんな“もっと丁寧に扱いたい”派の方は、デニム専用洗剤がおすすめです。

 

【おわりに】

デニム生地の洗い方、ご参考になったでしょうか?

 

デニムはカジュアルさの中に清潔感や上品さも併せ持つことのできるアイテム。

長く愛用していくことで、あなたらしい、あなた好みの色になっていくことも期待できます。

 

デニムにあった洗濯方法を続け、

ぜひお気に入りのデニムとともに、ファッションをお楽しみください。

 

 

-未分類

Copyright © ファッションコリー|ファッション情報サイト, 2017~2020 All Rights Reserved